FC2ブログ

おぢさんこれくしょん

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 嘘偉人伝

Comment (0)  Trackback (0)

やっぱすきやねん

■ヤハ・スキャーネン(1895年-1952年)
 フィンランドの小説家、詩人、歌人。
 1931年に発表した、忘れることの出来ないかつての恋人をいつまでも思い続ける青年を描いた小説「ヤ・シキタ=カディン」(邦題、「はじめから失われていた灯り」)がフィンランドの若者に広く受け入れられる。
 詩と小説の入り混じった難解な作品である「ヤ・シキタ=カディン」の映画は不可能とされていたが、1986年にCG技術を駆使し映画化に成功、世界的ヒットとなった。
 ヤハ・スキャーネンは「ヤ・シキタ=カディン」以後ヒットに恵まれなかったが、晩年、彼の全てを詰め込んだとも言える「ソコ・マテリ・イッティ・インカーイ(邦題「カゲロウ蜥蜴は、甘い砂糖と胞子の化身」)」を発表し、注目を浴びた。


●晩年のヤハ・スキャーネン
 やしきたかじん氏はヤハ・スキャーネンについて、何も知らないとコメントしている。
スポンサーサイト

Comments






プロフィール

もじゃもじゃおぢさん

Author:もじゃもじゃおぢさん
おぢさんばかり描いているへんなおぢさん

pixiv
tweet
嘘俳句

(c) kihiro

ここに来たおぢさんの数

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2019
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。