FC2ブログ

おぢさんこれくしょん

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 嘘偉人伝

Comment (2)  Trackback (0)

糠に釘

■ンヌカ=ニクギ (生没年不詳 5世紀頃)
 6世紀頃までナイジェリア北部で栄えていたというノク文化後期の集落を束ねていた王のような人物と推察されている。
 ノク文明は紀元前900年ころまで遡ると言われる製鉄技術を持ち、広くは中東とも交流があった。ペルシアの商人の記録によると「ンヌカ=ニクギ(ナイジェリアのハウサ語で私の言葉を聴けの意)は彼らを取りまとめるもので、鉄と峰々に生き、争いは意味が無いと言った」とされている。今でもナイジェリアの北部の一部部族の間では、ンヌカ=ニクギの伝説が僅かながら口伝で残っており、彼の言葉に基づいて製鉄を生業として平和に暮らしている。


●遺跡より発掘されたテラコッタの彫像

 「糠に釘」という日本の諺との関連性を研究する学者もいるが未だ成果は上がっていない。
スポンサーサイト

Category: 嘘偉人伝

Comment (2)  Trackback (0)

Ranking

■嵐王 (らんおう 紀元前2000年頃)
 中国最古と伝承される王朝、夏の最後の王。殷によって滅ぼされた際の王であったとされる。
 伝承によると、鶏卵より生まれ、立ち上がるより早く大空を舞ったとされる。大空から大地を望み「我の見るこの大地全てが夏である」と言い放ったという。
 王として国を収めるようになると、臣民全員に位を与え順位付けし、一の位を得るべく励むべしと宣言し、嵐王を頂点とする絶対王政を行った。下位のものは上位のものへ絶対服従とされ、反逆を未然に防いだとされる。


●周の時代に描かれた嵐王の肖像

 この政治がシルクロードを通って英語圏へ伝わり「ランキング」となったことは火を見るより明らかである。

Category: 嘘偉人伝

Comment (0)  Trackback (0)

還暦の赤いチャンチャンコ

■アッカイ・チャンチェンコフ・カンレキー(1857年-1917年)
 19世紀ロシアの哲学者、詩人。
 モスクワに生まれ、ロシア正教会で育てられる。
 学校の教師をする傍ら、詩を書いて暮らすが、1881年の皇帝アレクサンドル二世の暗殺を期に次第に労働階級への不満を募らせていく。
 著書「ピロ式」において、王と神の同一を説き、最後のロシア皇帝ニコライ二世を神と讃えた。
 ロシア革命によってロマノフ王朝が崩壊した後も、王と神の同一を説き続け、革命臨時政府を糾弾し続けた。1917年11月、危険思想の持ち主であるとみなされ、暗殺される。


●1915年頃に撮影された晩年のカンレキー

 殺されたカンレキーの衣類は血で真っ赤に染まっていたと伝えられており、日本の還暦に「赤いちゃんちゃんこ」を着るという風習の元になったと言われている。

Category: 嘘偉人伝

Comment (0)  Trackback (0)

よっこらしょ

■横井コラショ(よこい こらしょ 1566年-1634年)
 天正遣欧少年使節(てんしょうけんおうしょうねんしせつ)の一員として、伊東マンショ、千々石ミゲル、中浦ジュリアン、原マルティノらと共にローマへ派遣される使節として選ばれたが、出発直前、事故によって両足を怪我してしまい、やむなく使節から外されることとなる。使節団を外され日本に残ることとなった横井はその後、日向国都於郡(今の宮崎県西都市)にてキリスト教の布教活動、後輩の育成に当たる。
 1590年、日本へ戻ってきた伊藤マンショらとともに勉学を続け、1593年イエズス会に入会する。
 1601年、伊東マンショらはマカオのコレジオ(聖職者育成及び一般教養のための高等教育機関)に移ったが、横井は日本に残り、1610年、司祭に叙階される。


●宮崎県資料館に残る横井のフレスコ画

 事故の傷が元で長時間立ったり歩いたりすることが困難だったため、よくしゃがみ込んでおり、しゃがみ込んで仕事を休むものを横井コラショと囃し立てたという逸話が、現在立ち上がる動作や、座り込む動作の際の「ヨッコイショ」という言葉になったことはあまり知られていない。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

一旦お別れのおぢさん



 おぢさんは一旦小休止に入ります。
 短い間ですが楽しんでいただけましたでしょうか?

 明日からは新たな試み「嘘偉人伝」を始めたいと思います。
 皆様に世界各国の嘘の偉人を紹介いたします。


 あいまあいまにおぢさんの更新もして参りますが、一旦ここで区切りをつけます。
 それでは明日をお楽しみに。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ある毛



 寒くなってくると毛が恋しくなる。
 坊主よりもロン毛のほうが暖かい。

 そういう理論で、やっぱり眉毛がいっぱいある方が暖かいんだろうか。
 きっと温かいんだろう。


 おぢさんは、マフラーと眉毛で防寒し、わたしはそのおぢさんを遠くから傍観するのであった。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

見つめる。



 こちらをじっと見つめる視線を感じて振り返るとおぢさんが見ている。
 びっくりする。なにを見ているのだろう。

 こちらも負けじと見つめ返すが怖いのですぐにやめる。
 どんな言い掛かりを付けてくるかわかったもんじゃない。


 おぢさんは私を見続け、電車は走る。
 どこまでも。

Category: お知らせ

Comment (0)  Trackback (0)

告知

来週から、おぢさんこれくしょんが変わります。

短い間でしたがありがとうございました。楽しんでいただけたでしょうか。


おぢさんこれくしょんは全く新しいおぢさんこれくしょんに変わります。

来週からは更新ペース少しだけ遅くなるかとは思いますが『嘘偉人伝』という新たな試みをしてみたいと考えております。おぢさんの紹介も少しずつですが行なっていく予定です。

『嘘偉人伝』では歴史上の偉人たちを紹介していこうと考えております。
もちろん、すべて噓の偉人なので「そんなヤツはいねーよ!」と突っ込むのはご勘弁ください。

それでは、来週をお楽しみに。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

BIGMAN



 俺は絶対ビックになってやるんだ。
 とうそぶく彼は未だにフリーターだ。

 それなりに仕事はできて、バイトリーダーではあるが、ここから先どうなるのかはわからない。


 しかし、見える。見えるぞ。
 彼が大きくなるところが。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

おしゃれ爺



 シャッツの下にはスカーフでワンポイントのお洒落を決め込む。
 防寒にも役に立つ。

 廻りを見回すとユニクラーのおじいちゃんばかりだ。
 エルメスのスカーフをしているのはわしだけだ。


 という優越があるかどうかはしらないが、ぴっちりと決めた爺は、各駅停車で渋谷へと向かうのだった。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

苦しみ



 苦しみはある。
 三つくらい。

 考えないようにしている。
 できる限り。


 笑った顔はス・テ・キ。
 面白い冗談を言う。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ザクとは違うのだよ



 モビルスーツの性能が戦闘の勝敗を分けるわけではない。
 しかし私は違うのだよ。

 その辺のサラリーマンとは。
 違うのだよ。


 青いやつは、そう言って、三倍速で急行に乗る。
 私にも見える…

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

おっほっほ



 おほっとおぢさんは笑った。携帯電話を見ながら。電車の中で。
 メールだろうか? それとも何かのウェブサイトだろうか?

 わたしは、その楽しさを少しだわけてほしいな思った。
 それから、おほっという笑い方が動物みたいだなと何故か思った。


 おぢさんは、わたしが降りる駅の一つ前の駅で降りた。高級住宅街だ。
 お金持ちのおほっと笑うおぢさんは、軽快に改札へ向かった。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ゲイツ



 マイクロソフト本社の中庭には、これまで、ビル・ゲイツが愛用してきたメガネを祀る塚があると言われている。

 と言うのは冗談っぽい本当の話で、和製ビル・ゲイツと呼ばれたこのおぢさんから聞いたのだ。


 多分全部嘘なんだけど、なんだか信じてみようかなと思った。
 理由無く。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

マン



 困ったマン参上。
 俺を困らせる悪党どもめ、懲らしめてやる。

 (いや、しかし悪党だからといって懲らしめていいのだろうか? 彼らにも愛する家族がいるんじゃないのか? ここで彼らの息の根を止めることは困った人をさらに増やすことになるんじゃないのか…)


 困ったマン、フリーズし動かない。
 困ったマンは考えることをやめない。

プロフィール

もじゃもじゃおぢさん

Author:もじゃもじゃおぢさん
おぢさんばかり描いているへんなおぢさん

pixiv
tweet
嘘俳句

(c) kihiro

ここに来たおぢさんの数

1234567891011121314151617181920212223242526272802 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。