FC2ブログ

おぢさんこれくしょん

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ニョロニョロニョローン



 ニョロニョロニョローン。
 顎のないおぢさんの不思議な表情を表した擬音。

 おぢさんは無職、それから独り身。
 趣味はなし。


 ニョロニョロニョローンとすると、なんだか気持ちがいい。
 ニョローン。
スポンサーサイト

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ローガン



 そのうち誰しも衰えて、新聞すら読めなくなったりするんだ。
 額の上へメガネを上げて定位置とし、幾年月。

 そのうち、誰しも衰えてメガネの場所さえも忘れてしまうんだ。
 さっきおでこにのせたはずのメガネを。


 しかしだね、きみ、それのなにが不都合なんだね。
 無理に逆らって自らの老いを隠すような奴よりよっぽど良いじゃあないか。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

スナイパー



 誰しもが知っているであろうあのスナイパーに良く似たおぢさん。
 狙撃の能力は一切なし。

 10と言うのは言い過ぎで、8とか、6とかそのくらいである。
 数字で表すならば。


 しかしだからと言って、彼に何もないというわけではない。
 スーツの着こなしは完璧である。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

もしもシリーズ



 もしもシリーズの受付を開始いたしました。もしもシリーズとは、今現在音信不通になってしまった友人の今の姿を勝手に創造して描くシリーズであります。

 今回は私の中学時代の同級生ひろしくんの今を勝手に描いてみました。
 風の噂では自衛隊の幹部になったそうです。


 皆様からのリクエストも募集しております。名前、特徴、職業などなど教えいただければ、勝手に、あくまで、勝手に描きます。発表は発送を持って返させて頂きます。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

やきう



 このくらいのおぢさんはだいたい巨人が好きだ。
 関東に住んでいるおぢさんは、だいたい。

 関西だと事情は異なる。
 広島でも、福岡でも、札幌でも、名古屋でも、事情はやはり異なる。


 しかし横浜は、横浜は…
 まあ、横浜については語るまい。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

王子



 王子と玉子は似ている玉子煮たものである。
 どうも玉子という言葉は、生ではな時使うようだ。

 ポーク王子走っていた。
 その巨体を揺らして。


 王子が王子でなく玉子であるなら、湯だっている。
 真っ赤に、その頬の色を変えて。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ニット爺



 歳を取ると毛が薄くなるもんで、寒くなった頭をカバーするためか、今のこの時期、ニット帽の着用率が格段に上がる。

 だいたいはグレー。それからカーキ。無地のものが多い。
 長年使い込んでいるからか毛玉ができているものもちらほら。


 それから、何が一番って言うと、その似合いっぷり。
 こればかりは、年季が違うんだ。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

チョロいぜ



 いくつになっても甘えん坊。いくつになってもやんちゃ坊主。
 夜の街に繰り出していこうぜ、いくつになってもチャラチャラ男。

 髪型をびっちりと決めるぜ。てっぺんを目指すぜ。
 しかし若さはもうない。


 消えたものは戻らない。
 もう戻らない。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

お風呂



 こんな寒い日にはお風呂に入りしっかりと温まってから眠るのが良い。
 ゆっくりと、身体を温めてふとんにはいる。最高じゃないか。

 歳を取ると末端が冷えますので温めてから眠るのが良い。
 ぐっすりと眠れば、朝はすっきり目覚められる。


 おぢいさんの朝は早い。
 乾布摩擦の朝。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

持っている



 何かを持っている場合、それは顔に出る。
 何かだ、何かがいるのだ。ここから先、生きて行くためには。

 しかし何を持っているのか。
 何かをだ。


 それが何かはどうだっていいのだ。
 持っていることが大事なのだ。m

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ダンディ



 ダンディなおぢさんは果たして過去から今までの全てにおいてダンディズムを纏っていたか?

 か、どうかは解らないとしか言い養がなく、もしかしたら、可愛らしい子どもだったのかも知れないし、もてない大学生だったのかも知れない。


 そういった全てを経て、現在のダンディに至るわけだが、私がダンディになる可能性は低く、その道は険しい。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

オーディオ



 オーディオ機器が好きな方に言わせると、線の一本で音が変わるのだそうです。
 高い線ともなるとそれはもう天文学的な金額になるのだとか。

 まあそれは冗談して、何十万円という単位のケーブルやら、コネクタやら、なんやらかんやら。


 そうやって聞く音楽はでも、ここから遠く離れた土地で作らて、ここへやって来て、そうしてあなたに届きました。というひとつの物語。

Category: カラーおぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

ひげ



 一体何処までのびるのか。髭が顎にとってかわり、顎は何処かへ。
 むしろ人と呼ぶよりも、髭と呼んだほうが良い。

 混乱してしまうかもしれないが髭に人間がついているようなもんだ。
 髭が生を持った存在なのだ。


 そこらあたりに落ちている縮れ毛たちが生きているからこそ思いもよらぬ所にあったりするじゃない? それの正体さ。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

がっつき



 俺はそいつがどんな奴かは知らない。ただ、想像するだけだ。俺の中のそいつを。
 妻一人、子は二人、兄と妹。

 妻には嫌われてはいないものの半ば飽きられ、子どもたちからは強く恐い父と思われている。家のローンはあと三十年ほど残っている。


 楽しみは週末のパチンコ。負け越しているが借金に手を出すほどではない。
 何処にでもいる普通のおぢさんである。

Category: 白黒おぢさん

Comment (0)  Trackback (0)

前髪



 前の方に生えている髪の毛を前髪と定義付けるのであれば、まごう事無く前髪である、と言い切りたい気持ちを台無しにする。

 それは、果たして前髪なのか。
 前髪には違いないが、しかし前髪と呼ぶことが出来ない。


 風にそよぐそれはまさに髪そのものだけれど、前髪と呼べないそれは、焼け野原に生えた一輪のツツジか。

プロフィール

もじゃもじゃおぢさん

Author:もじゃもじゃおぢさん
おぢさんばかり描いているへんなおぢさん

pixiv
tweet
嘘俳句

(c) kihiro

ここに来たおぢさんの数

1234567891011121314151617181920212223242526272829303101 2013
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。